真珠の種類

真珠の種類

一口に真珠と言っても、真珠を作る貝の種類はいろいろあります。
また、できあがった真珠の形、色などもたくさんあります。
ここでは、真珠の母貝の種類別に分類してご紹介します。

アコヤ真珠

アコヤ真珠は、近年まで日本が世界でほとんど唯一の養殖産地であったことから、通称
「和珠(わだま)」とも呼ばれています。 産地の愛媛や三重、九州などの海は、日本の海の中では暖かいほうですが、世界的なレベルで見ると、「海水産の真珠が採れる最も北の海」です。
ほかの真珠には見られない透明感のある美しい「てり」を示します。それは、冬の海の冷たさに鍛えられたものだから、と言えるでしょう。貝が小さく大粒のものが採れないため、10mmサイズを超えると、特に希少価値が高くなります。

南洋真珠

シロチョウガイを母貝として養殖されるのが南洋真珠です。白蝶真珠とも呼ばれ、母貝のシロチョウガイは長径30cm、重さ4.5〜5.5kgにもなる最大の真珠貝です。したがって、できる真珠も大きく、10mm以上のものが採れます。シロチョウガイはオーストラリア、フィリピン、タイなどの水深10〜15mの海域に分布しています。オーストラリア海域に生息するシルバーリップと、インドネシア東部に生息するゴールドリップに大別されます。シルバーリップから養殖された真珠は、銀白色系、ブルー系が多く、ゴールドリップからはゴールド系、クリーム系、シルバー系の真珠ができます。

黒蝶真珠

昔から女性の憧れの的だった「黒真珠=ブラック・パール」。こう呼ばれる資格があるのは、黒蝶貝から採れる黒蝶真珠だけです。かつてはその希少さから「幻の真珠」ともいわれた黒蝶真珠ですが、1970年代にタヒチで量産化に成功し、養殖技術も発達して、今ではとても身近なものになりました。
現在では、9割以上をタヒチ産が占めていることから、「タヒチ」と産地名で呼ぶ人もいます。
黒いボディーカラーに虹色を浮かべ、深みのある美しい「てり」を示す黒蝶真珠。どことなく妖しささえ感じさせる神秘的なイメージは、やはり「大人のジュエリー」といえるでしょう。

マベ真珠

一般に「マベ」というと、半形真珠の代名詞のようになっていますが、本来はマベという貝から採れるものだけを指します。ほとんどのマベ真珠は、奄美大島で養殖されています。その最大の魅力は、独特の美しい虹色の光沢にあるといえるでしょう。 また、球形のものに比べて大きな場面のものが採れるのが魅力。大きさの割に厚みが出ないので、イヤリングやペンダント・トップに向いています。
ハート形や涙形のものも作られていて、かたちを選ぶ楽しみも増えました。

淡水真珠

現在の淡水真珠のほとんどは中国産のものです。1990年代以降、中国での養殖技術が急速に進歩し、今ではアコヤ真珠や白蝶真珠に匹敵するようなとても美しい珠が見られるようになりました。手ごろな価格で手に入るのも魅力の一つ。気の張らない普段のおしゃれに最適です!
中国の湖や沼で養殖することから「湖水真珠」とか、母貝のヒレイケチョウガイの名前にちなんで
「池蝶真珠」などと呼ばれる場合もあります。また、核を用いないため、真円の珠の出現率は非常に少ないですが、かたちのおもしろさに加えて、すべてが真珠層でできていることは淡水の大きな特徴です。一部クロス形や、小判形の核を挿入している淡水真珠もあります。

真珠の販売、通販、卸。真珠のことなら奈良県橿原市のTOYODA PEARLにお任せください。

SEO対策 大阪 インターネットショッピングモール emono eshop 通販サイト 結婚情報 ブライダルジャーナル アクセサリー 通販
TOYODA-PEARL お問い合わせ HOME 会社案内 サイトマップ