真珠のお手入れ方法

真珠のお手入れ方法

真珠はジュエリーの中でも特にデリケートな素材です。
目に見える汚れはもちろん、目に見えない酸などの成分がついたままでは、
真珠自体を変質させてしまう危険性があります。
いつまでもきれいな状態を保ち続けるための、正しいお手入れ方法をご案内いたします。
硬い宝石や貴金属と一緒に保管しない。傷が付きやすい
真珠の表面は鉱物のように固くはありません。硬いものとこすり合わせると
表面に擦り傷が入り、 照り(光沢)がなくなってしまいます。
炊事、洗濯などの水仕事の際はできるだけはずしておく。濡れるのは苦手
洗剤などはもちろんですが、水に浸けるのも真珠にはあまり良くありません。
特に指輪などは水に触れる時にはなるべくはずしておきましょう。
果物や酢の物を食べる時には汁がつかないように。酸で変色してしまう
真珠は酸に弱いので、果物の汁や酢などは大敵です。
それらを食べる時にはなるべく外しておいた方が良いでしょう。
また、万一付いてしまった時にはすぐに乾いた柔らかい布などで拭き取ってください。
放っておくと変色してしまいます。
真珠製品を付けたまま揮発性化粧液を使わない。揮発性化粧液に弱い
真珠は揮発性化粧液にも弱いです。 揮発性化粧液を使用する時は真珠製品を
身につけないようにしましょう。もし付着してしまった時には、水に浸して軽く絞った柔らかい布で
拭き取った後、 乾いた柔らかい布で仕上げをしましょう。
明るい場所に保管しない。光は褪色の原因に
真珠は光にも強くありません。直射日光はもちろん、蛍光灯の照明でも
あまり長時間当たっていると褪色してしまいます。
ケースなどに入れ、光が当たらないように保管しましょう。

以上のようなことに気を付けて、さらに
「使った後は乾いた柔らかい布で拭く」ことを心がけてください。

ちょっとした気遣いやお手入れで、いつまでも綺麗な真珠を保つことができます。
真珠の管理方法など、より詳しく知りたい方は、お気軽にTOYODA-PEARLまで
お問い合わせください。

お問い合わせ

真珠の販売、通販、卸。真珠のことなら奈良県橿原市のTOYODA PEARLにお任せください。

SEO対策 大阪 インターネットショッピングモール emono eshop 通販サイト 結婚情報 ブライダルジャーナル アクセサリー 通販
TOYODA-PEARL お問い合わせ HOME 会社案内 サイトマップ